投資家情報

個人投資家の皆さまへ

事業内容・当社のアドバンテージ

ハイアス・アンド・カンパニーは全国の「住」関連業界にフォーカスし、次世代につながるビジネスを提案・導入支援するコンサルティング会社です。
断熱などの住宅の環境性能向上、住宅を活用した資産運用、クラウドファンディングを使った新たな事業立ち上げから地域の活性化につながるまちづくり事業への進出まで、様々な「住」に関連したビジネスを全国の住宅(工務店)、不動産、建設会社に提案・導入支援しています。

「住」関連業界の課題

ハイアス・アンド・カンパニーは、「個人が住宅不動産を納得し安心して取得(購入)、居住(運用)、住替(売却)できる環境をつくること」を理念としています。そこで、住宅(工務店)、不動産、建設会社を通じて、資産価値の高い住宅環境の実現に向けての事業活動をおこなっています。
図1で示すように、住宅業界は、自動車業界や通信業界と違って、大手のシェアが圧倒的に低い業界です。つまり、日本の戸建ての約7割は中小の工務店によって建てられています。 

図1:戸建住宅の販売戸数


会員ネットワーク 1,340社(2017年10月末現在)

戸建住宅の建設は、地域の特性などを知り尽くした工務店が有利なことや、自動車メーカーなどと違って工場で組み立てた完成品を配送するものではないので、大手のスケールメリットを生かしずらい業界だからこそと考えられます。
しかし、多くの中小住宅(工務店)、不動産、建設会社は以下のような同様の課題を抱えています。

・商品企画・提案力
・人材採用・開発力
・マーケティング力
・購買力
・施工管理力

ハイアス・アンド・カンパニーは、中小の会社が抱えているこのような共通課題に対するソリューションをパッケージ化し、商品として提供しています。

ハイアス・アンド・カンパニーのこだわり

私たちの資産の中で最も大きな資産は住宅不動産です。ところが、大きなローンを組み、長年かけて取得するその住宅の資産価値は、多くの場合30年も経たないうちに建物の価値ゼロと評価されてしまいます。このことは、日本の建物の評価手法の問題や固定資産税の考え方など、多くの問題が関係してきています。しかし、そもそも日本の家は築30年ぐらいになると経年劣化がひどく、住みたいと思えるような家ではなくなってしまっている(つまり買いたい人がいないので売却できない)場合が多いことも事実です。

ハイアス・アンド・カンパニーでは、個人最大の資産である「住宅」の資産価値を守るために、ハード面からソフト面まで多岐に渡るソリューションを検討し提供しております。その一つとして、特にこだわっているのが住宅の「性能」です。気密性・断熱性能の高い家は、建物全体の温度差が少なく省エネになります。そして、夏は涼しく、冬は暖かい温度を保つことができ、一年中快適で健康的に暮らすことができるようになります。

ハイアス・アンド・カンパニーは、長期優良住宅であることはもちろんのこと、とことん「性能」にこだわり、長期に渡って資産価値の下がらない住宅環境の実現に向けて、地域の住宅(工務店)、不動産、建設会社の方々と一緒に取り組んでいます。  

建築家と建てる家を、身近に、手軽に R+house

収益構造

当社は業界に共通する経営課題を克服するためのノウハウを収集、分析、標準化し、ビジネスモデルに仕立てたパッケージ商品を「住」関連の企業に提供しています。パッケージ商品は単発で販売するものではなく、継続的に使いこなすための研修、成功事例の共有等のサポートなどを含めた商品となっています。また、顧客との長期的な関係を目指しているので、顧客を「会員」と呼んでいます。
対価としては、商品導入時の「初期導入フィー」、「月会費」、会員企業が商品サービスの活用で得られた売上実績に応じた「ロイヤルティ等」となっています。 パッケージ商品によっては、エリア制を導入し各エリアの会員数を限定しています。それにより、各会員企業がエリア内で同一商品で競合することがないようにしています。

独自性の高いパッケージ商品を継続的に提供

パッケージ商品

パッケージ商品には、そのブランドを使って営業・販売するのに必要なシステム、ノウハウ、営業ツールなどが全て含まれています。当社で開発した20を超える商品で、住宅環境のハードインフラから情報インフラまでをトータルでサポートしています。

アドバンテージ

会員制のパッケージ商品を提供するビジネススタイルになっていることで、当社には以下のアドバンテージがあります。

Advantage 1 会員ネットワークができている

Advantage 2 次世代商品開発力

全国の会員企業を情報源とし、当社は常にマーケットのニーズや課題を収集しています。収集・分析した情報を新たな商品の企画・開発に活かすことにより、毎年継続的に新商品を提供し続けることができます。また、新たな商品は会員企業の実証実験の協力を経て、より確実な商品として仕上げた後にマーケットにリリースします。
さらに、欧米の先進的な手法の研究や、研究機関との共同実験を商品開発に活かしています。

独自性の高いパッケージ商品を継続的に提供

Advantage 3 安定性と成長性に秀でた収益構造

当社は、商品力、経営支援力をベースに、安定性と成長性を持ち合わせた収益構造となっています。

■ 初期導入フィー:商品導入時の一時収入
■ 月会費:サービス提供の対価としての安定した継続収益
■ ロイヤルティ等:会員企業の成果に連動する成果報酬

会員ネットワークによる好循環、高収益ビジネスモデル

魅力ある商品を提供することにより、会員企業の売上、会員数が増加し、当社の収益も増加します。また、会員ネットワーク内で情報が共有されることで会員企業間で競争意識も生まれ、各企業のさらなる売上拡大にもつながります。その結果、当社のロイヤルティも増加し、それにより当社の次世代への商品開発が加速化します。この好循環サイクルが当社の強みです。

売上高

ストック&グロースの収益構造チャート